FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

職人技




沼津の「バンデロール」ヨッヘンさん招待
日本人好みに工夫も
ベーカリーチェーンの「バンデロール」(沼津市)は日本でのドイッ年を記念して、ドイッ人パンマイスター(職人)のキューン・ヨッヘンさん(三八)を招き二十八日、同市のベーカリーレストラン「サンドリアン」でドイッパンの実演販売を行った。実演販売は二十九日も行われる。
サッカーワールドカップが開催される年でもあり、ドイッへの関心は高まっている。「職人技のパンと言われるドイツのパンを紹介し、販売するいいチャンス」とバンデロール取締役最高技術責任者の露木敏広さん。
実演販売には商品開発に携わる社員も参加し、職人技に見入った。二十年以上の職人経験を持つヨッヘンさんは、「次の世代に技術を伝えるのが役目」とレシピや技、アイデアを惜しみなく披露した。
店頭には約十五種類のドイッパンが並んだ。日本でもおなじみの「プレッツェル」をはじめ、マッシュポテト入りのライ麦パン「カルトフェルブロート」、ドライトマトの酸味が効いた「トマートンチャーバタ」、富める人から貧しい人に振る舞われる伝統のパン「ゼーレン」などー日本人の好みに合うよう味付けや形に工夫も加えられた。(静新4月29日朝刊)
060429-02.jpg

スポンサーサイト



  1. 2006/04/29(土) 10:41:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧町名地図 | ホーム | リコール関係チラシ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/96-b63fdc87