あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4次総追加修正案答申 沼津市審議会 社会環境の変化踏まえ

 4次総追加修正案答申
 沼津市審議会 社会環境の変化踏まえ
 沼津市総合計画審議会(会長・千谷基雄日本大国際関係学部特任教授)は13日、社会環境の変化を受けて審議した第4次市総合計画(2011~20年度)の追加修正案を栗原裕
康市長に答申した。
 審議会は7月から3回会合を開き、パブリックコメントの市民の意見も参考に追加修正案をまとめた。千谷会長ら委員の代表が市役所を訪れ、栗原市長に答甲書を手渡した。
 東日本大震災、西武沼津店の撤退、プラサヴェルデの開業、大型商業施設の進出計画、新東名高速道の開通やスマートインターチェンジの整備など総合計画策定後の変化を踏まえて、基本構想の「都市のかたち」の項目で、人口が集中する沼津駅を核にした区域を「都市的居住圏」と位置付け、あるべき姿を示した。基本計画には、より柔軟で効果的な土地利用を促す「土地利用の新たな方向」を新項目として追加した。
(静新平成26年11月14日朝刊)
スポンサーサイト
  1. 2014/11/15(土) 13:01:52|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沼津で第1回「まるしぇ」 来場者、長蛇の列 | ホーム | 沼津・鶏林食品>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/355-f5841945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。