あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

沼津・鶏林食品

 沼津・鶏林食品
 地域密着事業展開を強化
 焼き肉のたれ手掛け50年
keirin

 焼き肉のたれを製造・販売する鶏林食品(沼津市、岩本一光代表)は、たれの製造を始めて半世紀、地域に密着した事業展開を強化する。地元イベントへの協賛を通じ、沼津生まれの商品をアピールしていく。
 同社は1956年に東京・銀座で焼き肉店を開業し、その後に沼津市内に移った。顧客から焼き肉のたれを求められる声が増えたことを受け64~65年にかけて商品化。66年に鶏林食品を設立した。商品は開業当時から素材や調合などのレシピは変えず、直火釜で作り上げている。岩本社長は「焼き肉のたれにも地域独特の味がある。静岡の味として認識してもらう機会にしたい」と話している。
 節目を記念してロゴマークやのぼり旗も作り、販売促進に活用する。キャンペーンとして来年8月まで、県東部を中心に開かれる自治会や商店街、企業などのイベントで、たれを使ったメニューで模擬店を設ける場合は無料で提供する。問い合わせは同社〈電055(924)2912〉へ。
(静新平成26年8月8日朝刊)
スポンサーサイト
  1. 2014/08/08(金) 11:19:36|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4次総追加修正案答申 沼津市審議会 社会環境の変化踏まえ | ホーム | ららほーと進出を念頭に 市が4次総追加修正へ審議会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/354-d9b6c68c