あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊豆箱根鉄道(三島市) 中村仁社長

伊豆箱根鉄道(三島市) 中村仁社長
nakamura

【なかむら・ひとし 成城大卒。1983年西武不動産入社、84年西武鉄道入社。2011年伊豆箱根鉄道取締役専務執行役員。12年代表取締役社長就任。千葉県出身。53歳。】
 課題を共有地域活性化
 伊豆地域を中心に鉄道駿豆線やバス、タクシーなどの運輸をはじめレジャー、不動産などの事業を展開する。各事業を支える伊豆の観光が低迷する中で、地域密着型企業としての取り組みや今後の戦略を聞いた。
 ー沿線4市町と駿豆線沿線地域活性化協議会を設置し、地域との連携を強化している。
 「沿線地区は今後、高齢化と人口減少が進み、経済的に衰退して元気がなくなる恐れがある。地域が衰退すればわれわれも衰退する。逆も言える。公共交通が一定の利用を確保している間に将来を見据えて、対策を考える必要がある。それが結果的に、地域の活性化につながっていくはず」
 ー撤退した西武沼津店本館の土地建物の所有者として、東部経済の活性化に向けた活用策の考えは。
 「西武沼津店が開店した当時は地域の商業センターの役目を担ったが、地域や社会の構造が変わった。ただ、沼津は県東部の中心都市であることに変わりはない。地域が何を求めているのかを見極め、解体工事中に方向性を決めていく。全国で散見される同様の商業施設の撤退後の活用事例も参考にしたい」
 ー今後の成長戦略をどう描くのか。
 「まずは地域公共交通を維持する役割がある。自治体の駅前開発に合わせて駅を改修すれば、駿豆線が利用しやすくなり、鉄道の価値も上がる。バスを利用する仕組みづくりも自治体と連携して進めたい。この事業は線路を移設して他地域に引っ越し、新たに始めることはできない。地域が求めていることに対応することで地域と共存共栄を図っていく」
《静新平成25年6月18日(火)「キーパーソン」》
スポンサーサイト
  1. 2013/06/18(火) 04:34:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
<<あの浜友観光(楽園タウン)関連ニュース | ホーム | 役目終えた時計に感謝 沼津で供養祭>>

コメント

お願い

伊豆箱根鉄道駿豆線全13駅に「人とつながる秋(秋)まつり」のポスターを駅に掲示しようとメンバーの広報担当さんが全力を出していただき、駅長から本社へつなぎ本社から一度はOKをもらったのですが、日が変わると本社の意向でダメになってしまいました。
私たちの知名度はまだそんなものです。残念ですが前向きに頑張るしか無いですね


伊豆ぱっこを責めないであげてください。会社としての判断ではなく、所詮は組織にありがちの本社担当者の個人的判断でしょうから。
これでも伊豆ぱっこという会社としての地域との協力という姿勢はよく理解しているつもりです。
  1. 2013/10/10(木) 21:04:50 |
  2. URL |
  3. 平野 富夫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/332-bedfa39c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。