FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

まちづくり会社設立(株式会社・SC沼津みなみ)沼津アーケード名店街

まちづくり会社設立
「沼津アーケード名店街」 地権者主導で活性化 高品質小売店集積へ 
numaduminami

 JR沼津駅南の商店街「沼津アーケード名店街」を構成する町方町、通横町、大門町の地権者が、中心市街地の再開発に当たる地権者出資のまちづくり会社「株式会社LSC沼津みなみ」(社長・水口隆太同名店街副理事長)を今月、設立した。地権者の地元住民らでまちづくり会社を設立するのは全国的にも珍しい。
 地権者百四人のうち有志五十五人が株主になり、一人一万~五十万円を出資。資本金千十七万円を調達して、事務所を町方町の「まちの情報館」内に置いた。法人格の取得で、まちづくり推進の公的な支援や助成を直接受けられる。
 同地区は一九五〇年代に歩行者通路と店舗を一体化した全国初のアーケード街をつくり、多くの買い物客でにぎわったが、建設から五十年以上が経過し、老朽化した建物の修繕や改築が課題となっていた。
 二〇〇七年六月に地権者で「まちづくり検討会」をつくり、これまで専門家を招いた講演会や勉強会を三十五回開いた。同社では、地域の再開発の方向性として、オープンモール型の新しい商業形態「ライフスタイルセンター(LSC)」を模索している。核テナントを置かずに高品質な小売店を集積させる米国発の業態で、比較的裕福な生活者を顧客層とするのが特徴。国内に米国式LSCはまだないという。
 水口社長は「法人設立には地権者の七割以上から賛同を得られたが、再開発に消極的な意見の人や地域外に住む地権者を排除しないよう、今後もじっくり話し合う。住民のコミュニティーが今後も継承されていくことが重要」と話す。
(静新平成21年3月18日(水)朝刊)
スポンサーサイト



  1. 2009/03/18(水) 10:36:03|
  2. まちづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地価公示概要:沼津 | ホーム | 3月13日ラストラン・ブルトレはやぶさ号>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/236-a65cc31f