FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

沼津港周辺の飲食街

沼津港周辺の飲食街・年間行楽客92万5千人(沼津市港湾振興推進へ初調査)
目立つ「首都圏から車で」
観光スポットにもなっている沼津港周辺の飲食街の入り込み状況などを調査した沼津市は十三日までに、一年間に訪れる行楽客は推計で九十二万五千人に上ると発表した。調査は県が策定した「沼津港港湾振興ビジョン」推進の基礎資料とするために初めて実施した。平成十八年度の市内の観光客は三百六十四万人で、その四人に一人が訪れている計算になった。
市によると、沼津港東側の一帯は、新鮮な魚介類や特産の干物を売り物にした飲食店や物販店が約八十店並んでいる。休日、平日間わず沼津ナンバー以外の車が目立つという。
調査は行楽客が最も少ない二月に行い、休日と平日の一日ずつ飲食街内の通行車両を数えた。休日が二千八百三十四台で、平日は二千五十八台。乗車人数や日常の駐車場利用状況、二月十二日に実施した聞き取り調査の結果なども踏まえて、年間の入り込み数を約百四十六万人と推計した。うち仕事での出入りを除く飲食、買い物目的の行楽客数を九十二万五千人とはじき出した。
聞き取り調査によると、首都圏からの来訪者が最も多く48%。交通手段は自家用車が81%を占めた。来訪回数は一回目が40%で、五回以上も32%に上った。「必要なもの」の問いには32%が「駐車場」と答えた。市の担当者は「行楽客数、リピーターとも予想以上だった」という。
港湾振興ビジョンに基づく整備は官民一体の事業で、沼津港では十月の完成を目指して水産複合施設が建設中。調査結果は今後の整備計画に生かしていく。(静新平成19年6月14日(木)朝刊)
スポンサーサイト



  1. 2007/06/14(木) 12:31:26|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<沼津中心市街地活性化基本計画の策定問題 | ホーム | あきんど(杉山克己氏投稿)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/174-bff6aca6