FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

あきんど(大野隆久氏投稿)

これ以上の郊外型大型店は必要ですか
商店街振興組合沼津アーケード名店街・理事長 大野隆久
皆さんは街を見る時に何をご覧になりますか。私は駅前の街を見ます。沼津市は20万人の人口の地方都市としては頑張っているほうだと思います。現在沼津市の郊外に大規模なショッピングセンターの出店が噂されています。私が一番恐れるのは、郊外のショッピングセンターが出来ることにより駅周辺の大型店と姿を表しだした再開発ビルのテナントが撤退するのではないかという事です。その事で街が一気に消滅してしまうかもしれません。
先日ガイアの夜明けというテレビ番組で熊本市の市長選の事を取り上げていました。現市長は新しく巨大なショッピングセンターの進出に反対を表明し、新人候補は賛成で市民に進出が必要かどうかを問う選挙でした。熊本市には既に郊外にいくつかのショッピングセンターがあり、これ以上必要かどうかということです。結果は反対の現市長が勝ったのですが、選挙戦の最終日に商店街で新人候補が反対を叫んでいたのは皮肉でした。
昨年の6月に中心市街地活性化法が決まり、コンパクトシティの考えで街中への居住を促し、郊外へのショッピングセンターの出店を規制していこうという事が決まりました。大型店は狩猟民族といわれ、小売店は農耕民族といわれています。その訳は大型店は売れなくなれば売れる場所に移りますが小売店は移る事が出来ないからです。沼津では買うものがないとおっしゃる方がいらっしゃいますが、沼津は東京にはなれません。沼津らしさを生かしながら住んで楽しい街にしていきたいものです。
スポンサーサイト



  1. 2007/06/04(月) 12:38:56|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あきんど(飯田邦彦氏投稿) | ホーム | あきんど(長谷川徹氏投稿)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/170-5c88d259