FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

あきんど(藤原規夫氏投稿)

「市民のための選択と集中を望む」
沼津駅前名店街・会長 藤原規夫
今、沼津市は、駅周辺総合整備計画を推進し、中心市街地への投資を行っており、今回のまちづくり三法改正の趣旨にまさしく合致したものであります。今後も限られた財政を効率よく投資する為には、選択と集中が必要であります。
郊外の開発は、税収増に結びつくことは勿論ですが、そのためのインフラ整備が周辺市民にも平等に活用されるものでなければならないと考えます。大規模集客施設は、民間主体で運営され、資本主義社会では採算面を重視した運営がなされ、いつ撤退決断が下されてもおかしくありません。行政のインフラ整備は投資回収が主目的ではなく、市民の安全性や利便性の向上を図ることであると考えます。退転後の地権者の皆様には、農地や市街化調整区域のときの固定資産税は大きく上回る為、相続税評価額は大きく違ってきます。こうしたことからも、中心市街地へ公共施設を集中させ整備することは、市民にとっては利便性の向上に大きく貢献することであります。選択と集中による適切な投資を行うことを望んでやみません。
中心市街地の活性化に向けて、我々商業者が積極的に取組んでいる中で、公共社会福祉施設等が郊外へ拡散されるようなちぐはぐな街づくりではなく、相互が連携しよりシナジー効果のある街づくりが重要であると考えます。そして、加えると、今何よりも必要な事は街の回遊性であり、沼津駅の交差点の地下道のスクランブル化、これこそ合理的、経済的、即効的解決策であると確信するものであります。
スポンサーサイト



  1. 2007/05/31(木) 18:05:27|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あきんど(市川誼氏投稿) | ホーム | あきんど(山崎勝氏投稿)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/167-825ffc09