FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

沼津の安い水道料


「東部の安い水道料」・時には恩恵に感謝を
静岡市から沼津市に赴任してまもなく四カ月になるが、公共料金の自動引き落としの手続きが何となく面倒で、請求書が来るたびにコンビニで支払いを済ませている。電気代とガス代は何度か納めたが、水道代はまだだと気づき、二カ月分を市役所水道部で直接払うことにした。
静岡では下水道料金も含めて確か二カ月で五千円以上。財布を開くと千円札が三枚。現金をATMで下ろして水道部の窓口に向かったが、その必要はなかった。告げられた料金は二千四百二十円。「こんなに安いですか」と思わず窓口の職員に声をかけてしまった。
沼津市(戸田地区を除く)の水道料金は一カ月十立方㍍の使用で四百六十円。下水道料金は一カ月七百五十円。家に帰って寝るだけの単身赴任生活では二カ月で二千四百二十円で済む。水道料金だけで比較すると十立方㍍の使用で沼津市は全国の十万ー三十万人の都市で一番安い。県内では小山町の一カ月三百六十三円に続いて二番目、全国でも四番目に安い。
沼津市民が安くてうまい飲料水を享受できるのは、柿田川湧水の恩恵が大きいのは言うまでもない。一日百万㌧ともいわれる湧水量。一日七万-八万㌧を取水し、市内の給水量の約三分の二を賄っている。川から取水する自治体のように浄化施設を建設、管理する予算も必要ない。水道法に定めがあるため塩素消毒は施しているが、「そのままでも飲める水」(同市水道部)という。
小山町、沼津市、同じ柿田川の水の供給を受けている清水町に限らず県東部の水道料は全国的にみても安い。同じ場所にずっと暮らしていると、水道料が高いだの、安いだのは考えることもあまりないだろうが、一度は自然の恵みに感謝すべきだろう。
高いと感じていた静岡市の水道料は十立方㍍当たり千百円で、沼津市の約二・四倍だが、全国の同規模都市と比べれば安い方の部類。県内は総じて水道水に恵まれているといえる。
水が豊富で安いからといって無駄遣いはすべきでない。ただ沼津市内を歩いていると、人々に潤いを与えるような水のサービスがもっとあっていいような気もする。中心街で気軽に水を飲んだり、暑い時期に水に触れたりできるスポットと出くわしたことがない。自分自身が歩き足りないだけだろうか。(東部総局・森下俊一)(静新06年11月19日「湧水」)
スポンサーサイト



  1. 2006/11/19(日) 09:36:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月県百貨店売上高 | ホーム | カウントダウン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/135-774f27a1