FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

再開発ビル「キーテナント出店に3社が意向」
大手町地区第一種市街地再開発事業で建設中の再開発ビルは、地下一階地上二十階建て鉄骨鉄筋コンクリート造りのうち、七階部分までの鉄骨を組み終え、鉄骨に鉄筋を巻いた後、地下一階からコンクリート打ち作業に移った。七月末までの工事の進捗率は二六%。二階部分にまでコンクリートが入っており、予定通りの進行状況だという。七階までコンクリートで固める作業が終了すると、次は六階屋上にクレーンを上げ、八階から二十階までの建築に入る。
同ビルは完成した後、横から見ると凸形となり、凸の下部が一階から六階、上部の狭くなった最初の階が七階となる。凸の下部のワンフロァと上部のワンフロアの床面積比は、ほぼ五対一。八階からがマンション部分(住宅棟)で、凸の上部が狭くなった分の六階屋上は、これからの工事でクレーンを設置するスペースとなるが、このスペースはビル完成後、住宅棟居住者用駐車場となる。
同ビルは、地下一階から三階までが商業施設で、地下一階には地上から貨物運搬用車両の進入路が延びる。運搬車両と、一般用・居住者用駐車場を利用する車両の出入り口はビル北側(鉄道寄り)に、隣接して設けられ、西条町側(ビル西側)から建設する道路を使って出入りする。
地下一階の商業施設の売場面積は約一、七五〇平方㍍、一階は一、二二〇平方㍍、キーテナントが入る二階は一、八二〇平方㍍、三階は一、九八○平方㍍で、合計約六、七七〇平方㍍。
関心が寄せられているキーテナントについては現在、三社から出店意向証明書が提出され、市で選定作業が進められているが、出店がほぼ決まった段階でも、出店者側には公表をぎりぎりまで控えたいという意向があるという。出店者が決まると十九年三月までに市と予約契約を締結。そのほかのテナントについては、同年十二月までに予約契約を結ぶ。
再開発ビルの建設工事が始まる以前、事業用地内で店舗を経営していた権利者については、全四十二店舗中、半分の二十一店舗は風俗や消費者金融などだったため再入居できないが、残り二十一店舗全店が十七年一月二十四日の時点で再入居を希望した。その後の意思確認は行われていないため、今後、出店者の意思を確認した後、再入居を認めるか否かを決める。
一方、四階から七階までは駐車場で、一階から三階までの商業施設フロアは、駐車場までの車路のため、各階八○○平方㍍程、面積が削られる。駐車場の収容台数は四階が百八台、五階が百十六台、六階が百十九台、七階が百五台で合計四百四十八台だが、七階(六階屋上)は住宅棟居住者用。また、七階建物には駐車場のほか、住宅棟居住者の集会所や玄関などが設けられる。ビルの完成は十九年十二月末の予定で、オープンは二十年三月。(沼朝8月11日号)
スポンサーサイト



  1. 2006/08/11(金) 09:18:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<合併関係記事 | ホーム | 路線価格>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/117-37bd4abe