FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

最高ランク

環境省が全国水浴場調査・沼津平沢・最高ランク
環境省は三十日、全国の海や河川など計七百五十八カ所の水浴場の水質調査結果を発表した。遊泳可能で水質が良好な「適」と判定された所は昨年より2ポイント高い86%の計六百五十二カ所だった。遊泳に「不適」な水浴場は三十年連続でゼロ。
調査対象は、昨年の利用者が一万人以上の海水浴場と五千人以上の湖沼や河川。都道府県と市町村が四月上旬から六月上旬にかけて、大腸菌の数や油膜の有無、化学的酸素要求量(COD)、透明度などを調べた。
五段階の水質区分で最高ランクのAAは三百九十九カ所、Aは二百五十三カ所。遊泳「可」のB、Cのうち、Bは百六カ所、Cはゼロだった。県内は四十一カ所のうちAAは四カ所、Aは三十四カ所、Bは三カ所で、Cはなかった。
AAの中でCODが特に少なく「極めて水質が良好」とされたのは、秋田県仙北市の田沢湖、東京都三宅村の大久保浜、沼津市の平沢、沖縄県国頭村の奥間ビーチの四カ所。昨年の十二カ所から大幅減となったが、環境省は「今年の調査時期は雨が多く、河川から海などに流れ込む汚濁物質の量が増えたためではないか」としている。(静新7月1日朝刊)
スポンサーサイト



  1. 2006/07/01(土) 11:21:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TMO活動曲がり角 | ホーム | 住民の法人検討>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akindo.blog12.fc2.com/tb.php/110-184aeaff