FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

「ヒト中心の空間」など4本柱  沼津市まちづくり戦略素案提示  

「ヒト中心の空間」など4本柱
「ヒト中心の空間」など4本柱
 沼津市まちづくり戦略素案提示
 沼津駅付近の鉄道高架化を見据えた都市計画を検討する「沼津市中心市街地まちづくり戦略会議」は1日、第4回会合を同市内で開いた。新たなまちづくり戦略について「ヒト中心の公共空間創出」や「拠点機能の立地促進」など4項目を柱にした素案を示した。
 素案によると、沼津駅周辺は歩行者広場とし、車中心から人中心の空間へ再編する。南口前の車道を減線、廃止して駅前空間と南側街区を一体花する。公共交通と一般車の乗降場も配置し直す。
 拠点機能の立地促進では、高架化で生じる土地に新たな都市機能を導入する。車両基地跡地は公共公益施設、貨物駅跡地は防災公園、高架下は商業施設や子育て支援などの生活関運施設を中心に整備を検討していく。
 三つ目の柱は「まちなか居住の促進と市街地環境の向上」で、空き店舗や未利用地の増加で生じた遊休地に、集合住宅の立地誘導を図る。憩いの空間を作るほか、点在する駐車場の配置適正化も検討する。四つ目は「周辺地域資源との連携」で、中心市街地と狩野川や沼津港などとのアクセス性を向上させる。
 まちづくり戦略は、沼津駅周辺総合整備事業の進行に合わせ、短期、中期、長期(最大20年程度)の3段階に分けて実施する。12月16日から来年1月15日まで素案のパブリックコメント(市民意見公募)を行い、3月に策定する。(東部総局・山下奈津美)
【静新令和1年11月2日(土)朝刊】

 沼津駅付近の鉄道高架化を見据えた都市計画を検討する「沼津市中心市街地まちづくり戦略会議」は1日、第4回会合を同市内で開いた。新たなまちづくり戦略について「ヒト中心の公共空間創出」や「拠点機能の立地促進」など4項目を柱にした素案を示した。
 素案によると、沼津駅周辺は歩行者広場とし、車中心から人中心の空間へ再編する。南口前の車道を減線、廃止して駅前空間と南側街区を一体花する。公共交通と一般車の乗降場も配置し直す。
 拠点機能の立地促進では、高架化で生じる土地に新たな都市機能を導入する。車両基地跡地は公共公益施設、貨物駅跡地は防災公園、高架下は商業施設や子育て支援などの生活関運施設を中心に整備を検討していく。
 三つ目の柱は「まちなか居住の促進と市街地環境の向上」で、空き店舗や未利用地の増加で生じた遊休地に、集合住宅の立地誘導を図る。憩いの空間を作るほか、点在する駐車場の配置適正化も検討する。四つ目は「周辺地域資源との連携」で、中心市街地と狩野川や沼津港などとのアクセス性を向上させる。
 まちづくり戦略は、沼津駅周辺総合整備事業の進行に合わせ、短期、中期、長期(最大20年程度)の3段階に分けて実施する。12月16日から来年1月15日まで素案のパブリックコメント(市民意見公募)を行い、3月に策定する。(東部総局・山下奈津美)
【静新令和1年11月2日(土)朝刊】
スポンサーサイト



  1. 2019/11/02(土) 10:48:50|
  2. まちづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0