あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あげつちが「はばたく商店街」に

あげつちが「はばたく商店街」に
 中小企業庁が全国30商店街を選定
 中小企業庁が商店街の活性化のために優れた取り組みを行う全国三十商店街を選定した「はばたく商店街30選」で、あげつち商店街が選ばれ、二十五日に経済産業省で表彰を受け、沼津あげつち商店街振興組合の小松浩二理事長と平田百彩専務理事が二十七日、市役所を訪れて栗原裕康市長に報告した。
 稲荷市や水辺空間の活用
 新風吹き込む取り組みに評価
agetuti

 同商店街は昭和四十一年に発足して約五十年の歴史があるが、郊外への大規模小売店舗の出店が進んだことによる「商圏人口の減少」、経営者の高齢化に伴う「話題性の
ある店舗の減少」「業種の少なさ」といった課題を抱え、従来の方針を転換。
 若手や女性との積極的な連携で商店街に新たな風を吹き込んで新陳代謝を促進。若者が集うカフェやスイーツ店など専門店の活用、狩野川という地域資源を活用した市民参加型のコミュニティ形成を誘客の方針として定め、継続した開催ができるよう自主財源の確保に努めている。
 このうち、商店主の妻らが中心となって立ち上げた「上土おかみさん会」では、毎月十五日に「あげつち稲荷市」を開催。組合員店舗だけでなく近隣市町からも七十店舗程が出店し、新規物産の発表の場としても活用されている。
 また、若手を中心に開催している「あげつちナイトマーケット」や「狩野川ローカルマーケット」では、狩野川流域の生産者や販売店から約三十店舗が出店し、水辺で憩う空間を創出している。
 さらに、同振興組合をはじめ、市や沼津商工会議所、国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所で「沼津あげつち周辺狩野川活用研究会」を組織。狩野川水辺空間を活用した社会実験などに取り組み、一昨年には河川空間のオープン化が実現し、上土町の狩野川階段堤を「かのがわ風のテラス」と命名。同所を民間が気軽に利用できるようになり、カヤック体験やバーベキューなどが行われている。
 近年では若者に新規出店を促し、商店街エリアに地域住民のニーズに応える専門店が数多く出店。若者向けの店舗開設によって空き店舗率が低下。中心市街地に位置する十二商店街の空き店舗状況で、今年二月現在、全体平均の空き店舗率11・5%に対し、同商店街は7・1%にとどまっている。
 また、地域資源を活用したコミュニティ形成の一つに「きつねの嫁入り行列」がある。狩野川を運航する「我入道の渡し船」に乗り、上土朝日稲荷神社で結婚式を挙げ、参列者が顔に狐の化粧を施し新郎新婦を祝う行事で、子どもから大人、外国人も地域の伝統文化を体験している。
 小松理事長は青果店「REFS(レフズ)」、平田専務理事は沼津の魅力発信拠点としてバーベキューやカヤック体験を提供する「ロットン」を同商店街で経営。
 各種取り組みに中心的に参画してきたが、今月十六日に開かれた同振興組合の理事会で役員改選があり、若手の二人が推されて要職に就き、今回の表彰式参加が小松理事長の初仕事となった。
 小松理事長は、今回の表彰について市長への報告で、「今まで商店街の皆さんが取り組んできたことが評価されたもので、今後も、イベント時だけでなく、日常的ににぎわう商店街になるよう、これを励みに頑張りたい」と話し、栗原市長は「こうした動きが他の商店街の刺激にもなり、中心市街地の活性化につながれば」と願った。
【沼朝平成28年5月31日号】
スポンサーサイト
  1. 2016/05/31(火) 14:19:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「海図なき航海」の恐れ

「海図なき航海」の恐れ
 セブン&アイ新体制発足
 買収効果乏しい事業山積
 セブン&アイ・ホールディングスは26日、「流通最後のカリスマ」と呼ばれた鈴木敏文氏(83)が退き、井阪隆一社長(58)を中心とする新体制が発足した。鈴木氏の手腕で約150の企業を抱える売上高6兆円超の巨大流通グループに発展したが、買収効果が乏しい「お荷物事業」も山積している。改革が遅れれば「海図なき航海」(幹部)になりかねない。
 名誉会長の伊藤雅俊氏(92)が、親族から引き継いだ洋品店を礎に1958年にスーパーのヨーカ堂(現イトーヨーカ堂)を設立したのがグループの始まりだ。中途入社し92年に伊藤氏からバトンを受けた鈴木氏が「中興の祖」に当たる。
 鈴木氏は米国から輸入したコンビニのシステムを日本流にアレンジ。「顧客目線」と「変化対応」を唱え、公共料金の支払いや現金自動預払機(ATM)の導入など新規事業を次々と成功させた。コンビニ事業は現在、連結営業利益の6割強を稼ぎだす。
 80歳を迎えた鈴木氏が10年先を見据えて指揮したのが、昨年11月に開業したインターネット通販サイト「オムニ7」だ。集客の目玉として2013年末以降、カタログ通販大手ニッセンホールディングスや高級衣料品店を展開するバーニーズジャパンなどの買収に踏み切った。
 だがニッセンは業績不振が続き、バーニーズもブランド価値が下がるとして通販サイトに出店していない。井阪氏は「実際の店舗だけでは(竸争に)取り残される」と通販サイトの必要性を強調するが、黒字化は見通せない。
 流通業界は百貨店が格上で、庶民的なイメージのスーパーやコンビニへ続く「序列がある」(業界関係者)とされる。セブン&アイによる06年のミレニアムリテイリング(現そごう・西武)の完全子会社化は勢力図を一変させたといわれた。だが、そごう柏店や西武旭川店が閉鎖に追い込まれるなどもくろみが狂い、そごう・西武自体の売却観測もくすぶる。
 訪日客の「爆買い」が一巡し、消費税が増税になれば「大きなダメージを受ける」(井阪氏)のは確実だ。ファンド関係者は「そごう・西武が再編のきっかけになる可能性がある」と話す。
 鈴木氏は「俺が戦略だ」が口癖だったという。だが、さまざまな事業でほころびが表面化し「普通の会社のような論理的な戦略を考えてこなかったつけだ」と幹部からも批判の声が上がる。
 井阪氏は「本音で語り合える企業風土ではなかったかもしれない」と振り返り、カリスマ経営の弊害を認める。鈴木氏の懐刀だった後藤克弘副社長(62)が支えるものの、前途は多難だ。

セブン&アイ・ホールディングスの歩み
■1958年4月・伊藤雅俊氏がヨー力堂(現イトーヨー力堂)設立
■63年9月・鈴木敏文氏がイトーヨー力堂入社
■73年11月・ヨークセブン(現セブンーイレブン・ジャパン)設立
■74年5月・東京で国内1号店「セブンーイレブン豊洲店1をオープン
■92年10月・鈴木氏がイトーヨー力堂社長就任
■2001年4月。アイワイバンク銀行(現セブン銀行)設立
■05年9月・セブン&アイ・ホールディングス設立、鈴木氏が会長兼CEO
■06年6月・ミレニアムリテイリング(現そこう・西武)を完全子会社化
■14年1月・ニッセンホールディングスを子会社化
■15年2月・バーニーズジャパンを完全子会社化
■16年5月26日・鈴木氏が退任、井阪隆一氏が社長に就任
【静新平成28年5月27日朝刊】
  1. 2016/05/27(金) 16:26:46|
  2. 資料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 経済10団体が出馬要請

 経済10団体が出馬要請
 沼津市長、3選へ前向き
 任期満了に伴い10月に行われる沼津市長選を巡り、市内の経済団体など10団体が23日、現在2期目の栗原裕康市長に出馬を要請した。栗原市長は要請後の取材に対して「(今の気持ちは)白紙というより意欲は持っている」と述べ、3選出馬に前向きな姿勢を示した。
 要請したのは日本商工連盟沼津地区、県商工政治連盟沼津支部、南駿農業協同組合、愛鷹山森林組合、戸田漁業協同組合、戸田観光協会など10団体。各団体の代表らが市役所を訪れ、栗原市長に出馬の要望書を提出した。
 日本商工連盟沼津地区の市川厚代表世話人(沼津商工会議所会頭)は「3期目に出馬、当選し、ぜひ産業界の発展に力添えをいただきたい」と求めた。栗原市長は「しっかりと熟慮を重ね、なるべく早い時期に結論を出したい」と語った。
 要請を受けた栗原市長は報道陣に「まだ正式に市民の皆さんに言う段階ではない。市議会6月定例会で議員から(今後の進退について)質問があるはず。そこで答える」と話した。
【静神平成28年5月24日朝刊】
出馬要請
  1. 2016/05/24(火) 15:04:30|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。