あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沼津で第1回「まるしぇ」 来場者、長蛇の列

こだわりパンいかが
 沼津で第1回「まるしぇ」 来場者、長蛇の列
ぱん

 素材にこだわった県内外のパン屋が一堂に会する「第1回ぬまづぱんまるしぇ」(同実行委主催)が16日、沼津市の沼津仲見世商店街と沼津新仲見世商店街で開かれた。
 参加した23店舗は二つの商店街で、3カ所に分かれて出店した。各店舗には目当てのパンを買い求めようと来場者が長蛇の列を作った。揚げたてパンを提供する店もあり、商店街はパンの香ばしい香りに包まれた。
 ぬまづぱんまるしぇは、市中心街の若手経営者らでつくる「沼津おまち彩生研究会」と県東部の母親らでつくる「子育て応援サークルいちご」が、商店街の活性化のために共同で初めて企画した。
 会場では母親作家らによる手作り雑貨の「ハンドメイド市」も開かれ、多くの人でにぎわった。同研究会の井草雅彦さんは「予想以上の盛況ぶり。次回の開催も考えたい」と手応えを語った。
(静新平成26年11月17日朝刊)
スポンサーサイト
  1. 2014/11/17(月) 11:17:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

4次総追加修正案答申 沼津市審議会 社会環境の変化踏まえ

 4次総追加修正案答申
 沼津市審議会 社会環境の変化踏まえ
 沼津市総合計画審議会(会長・千谷基雄日本大国際関係学部特任教授)は13日、社会環境の変化を受けて審議した第4次市総合計画(2011~20年度)の追加修正案を栗原裕
康市長に答申した。
 審議会は7月から3回会合を開き、パブリックコメントの市民の意見も参考に追加修正案をまとめた。千谷会長ら委員の代表が市役所を訪れ、栗原市長に答甲書を手渡した。
 東日本大震災、西武沼津店の撤退、プラサヴェルデの開業、大型商業施設の進出計画、新東名高速道の開通やスマートインターチェンジの整備など総合計画策定後の変化を踏まえて、基本構想の「都市のかたち」の項目で、人口が集中する沼津駅を核にした区域を「都市的居住圏」と位置付け、あるべき姿を示した。基本計画には、より柔軟で効果的な土地利用を促す「土地利用の新たな方向」を新項目として追加した。
(静新平成26年11月14日朝刊)
  1. 2014/11/15(土) 13:01:52|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。