あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

高齢者「街ぶら」満喫

 高齢者「街ぶら」満喫
 商業者がバスツアー企画 沼津

igusa


 沼津市中心街の若手商業者らでつくる「おまち彩生研究会」は26日、同市戸田地区の高齢者を中心街に招き、さまざまな体験や買い物、食事が楽しめる「沼津街ブラバスツアー」を行った。
 買い物に苦労している郊外の高齢者の支援と、中心街の活性化を図ろうと、初めて企画した。戸田地区からマイクロバスで約1時間かけて訪れた70~80代の高齢者21人が、研究会メンバーの案内で、七夕祭りが行われている沼津仲見世商店街、新仲見世商店街、沼津銀座通りを散策した。
 新仲見世商店街の井草呉服店では、ハンカチの墨流し染めを体験した。店主で研究会メンバーの井草雅彦さんから手ほどきを受けながらオリジナルのハンカチを完成させた。
 戸田地区の高齢者団体、すこやか沼津戸田支部の佐々木節朗支部長(83)は「自分で車を運転できず、買い物に苦労している人が多いので助かる。商店街の楽しさも伝わるイベントなので、定期的に開いてほしい」と述べた。同研究会は7月3日にも、市西部の浮島地区の高齢者を対象にしたバスツアーを計画している。
(静新平成26年6月28日朝刊)
スポンサーサイト
  1. 2014/06/28(土) 13:12:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

中央青果が原移転へ
 気になる跡地利用、量販店か?
 沼津中央青果(櫻田光雄社長)は、丸子町の現在地(旧国道一号沿い)から原一本松に移転。七月三日に新市場での業務(売立)を開始する。旧市場での売立は一日に終了する。
 同社は大正二年(一九一三)、白銀町に市場を開設。金融恐慌や、戦中、戦後の厳しい状況を乗り越えて社業が伸張。経済進展の中で昭和四十五年(一九七〇)、現在地に移転した。
 この移転から、さらに四十年余が経過し、生産、流通、消費において新たな時代の要請に対応できる施設づくりが求められるようになった。特に、国が生鮮食品などに関し、生産から輸送、消費まで一貫して低温に保つ物流方式であるコールドチェーン確立の必要性を掲げる中、同社では、これに対応できる施設づくりを目指した。
 新市場は、中部運輸局沼津自動車検査登録事務所北隣で、国道一号に沿って完成した。現市場の、ほぼ二倍の面積を確保。コールドチェーンについては、土物類の売り捌き場を除く全ての売り捌き場を低温化することができたという。
 新市場は、電話九一五-二三二三、FAX九
一五-二三二九。 一方、気になるのは現市場移転後の跡地の、その後。消息筋によると県外資本による量販店などが取り沙汰されているという。
(沼朝平成26年6月24日号)
tyuouseika
  1. 2014/06/25(水) 11:28:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川勝知事 地元に「大英断を」

知事方向性の一任訴え
沼津鉄道高架 地元に「大決断を」
 JR沼津駅付近鉄道高架事業に伴う沼津市原地区への貨物駅移転問題について、川勝平太知事は23日の定例記者会見で、事業の方向性の決定を自身に一任するよう、あらためて地元に求めた。移転に反対する地権著や住民に対し、「何を後世に残したいか、目標は明確にうかがっている。実現するために任せてほしい」と訴えた。
 知事は当初の計画通り原地区へ貨物駅を移転させ、反対地権者らが要望している健康文化タウン構想に資する施設整備をセットで行う案を地元に提示している。これに対し、反対地権者らは貨物駅本体の移転は依然として拒否し、待避線のみならば認める譲歩案を知事に伝えている。
 知事は、自身の案の具体的な中身はこの日も明言を避ける一方、交渉状況について「こちらは相当、力を込めてラグビーボールを投げたら、返ってきたのは気が付かないピンポン球だった」と表現した。さらに、「現実は全然動かない」と述べ、反対地権者らの譲歩案受け入れに否定的な認識を示した。
 「(地元の)皆さんのためになるように死力を尽くすと言っても過言ではないぐらいの覚悟でやっている」とも語り、「留保(条件)を付けず、任せるならば任せてほしい」と呼び掛けた。
 沼津駅北口の総合コンベンション施設プラサ・ヴェルデの7月の全面開業までとしている合意形成の目標は変更しない考えを示し、「歴史に残るグランドオープンの時に歴史に残るような大決断をしてもらえれば、後は私がやる」と強調した。
(静新平成26年6月24日朝刊)
  1. 2014/06/24(火) 10:31:24|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「現行計画を尊重―」一文読み飛ばす

「現行計画を尊重―」一文読み飛ばす
 沼津鉄道高架事業 知事の所信表明
 20日に開会した県議会6月定例会の本議会所信表明で、川勝平太知事がJR沼津駅付近鉄道高架事業をめぐって事前の要旨文に記載していた「現行計画を尊重」との一文を読み飛ばす場面があった。
 定例会冒頭の所信表明の要旨文は、開会前に議員などに配布される。この中で、高架事業に関しては「現行計画を尊重しつつ、防災の観点を含めた地域の発展に資するまちづくりについての話し合いを地元の皆さまと進めております」となっていた。ところが、知事は「現行計画を尊重しつつ」の部分には触れなかった。議事録には知事が発言した箇所だけが残ることになる。
 現行計画では、高架化に伴って貨物駅を沼津市原地区に移転させることになっている。知事は貨物駅移転に反対する地権者や住民に対し、貨物駅を同地区に移転させた上で、歩道橋などをセットで整備する案を示しているが、こうした方針は県議会や記者会見では左式に表明していない。
 本会議終了後、知事は意図的に発言を避けたのかを問う記者団の質問に「そんな乱暴なことはしません」と述べた。議員からは「反対する人たちへの配慮があったのかもしれないが、結論を早く出さなければいけない。しっかり言ってほしかった」「知事はこれまでも決断の主体は自分だとしてきた。はっきりと姿勢を.示すべき」などの声が聞かれた。
(静新平成26年6月21日朝刊)
  1. 2014/06/21(土) 11:19:46|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沼津市4次総修正へ

沼津市4次総修正へ
 審議会来月設置 土地利用など検討
 沼津市は20日、市を取り巻く社会環境の変化に対応したまちづくりを進めるため、第4次市総合計画(2011年度~20年度)の一部を追加、修正する万針を示した。市議会6月定例会の総務経済委員会で報告した。7月に市民や有識者などによる審議会を設置し、11月に答申を受ける予定。
 第4次総合計画策定後、JR沼津駅前の西武沼津店が閉店し、市北西部への大型商業施設「ららぽーと」進出計画が浮上した。15年度に東名高速道愛鷹パーキングエリアで、16年度には新東名高速道駿河湾沼津サービスエリアでスマートインターチェンジの供用開始が計画されている。
 こうした変化を踏まえた総合計画の追加、修正の検討項目として、「社会環現の変化と都市の役割(コンパクトシティーの在り方)」と「交通環境の変化に伴う柔軟な土地利用」を挙げている。
 市の担当者は「中心市街地と郊外の活性化を両立するために総合計画を見直し、企業誘致や人口流出対策につなげたい」と述べた。
(静新平成26年6月21日朝刊)
  1. 2014/06/21(土) 11:01:59|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道高架、推進を強調沼津市長

 鉄道高架、推進を強調沼津市長
 
 沼津市の栗原裕康市長は18日の市議会6月定例会で、JR沼津駅付近鉄道高架事業について、「人口減少時代を生き抜いていくために欠かせない」と述べ、事業を推進していく姿勢をあらためて示した。梅沢弘氏(未来の風)の一般質問への答弁。
 沼津駅北口には7月20日、沼津市が県などとともに鉄道高架事業を前提に建設を進めてきた総合コンペンション施設「プラサヴェルデ」がオープンする。鉄道高架事業の中止を訴えた梅沢氏に対し、栗原市長は「鉄道高架事業はプラサヴェルデ建設を含む沼津駅周辺総合整備軍業のまさに画竜点晴の部分」と理解を求めた。
 鉄道高架事業は、沼津駅の南北交通の円滑化が目的の一つで、事業の工期は15~20年間とみられる。殿岡修氏(未来の風)が工事期間中の南北交通の確保策をただしたのに対し、梶茂美沼津駅周辺整備事務局長は「抜本的な対策である鉄道高架事業の早期完成を月指すとともに、案内表示の設置など駅周辺の回遊性向上を高める施策に取り組んでいく」と述べた。
(静新平成26年6月19日朝刊)
  1. 2014/06/19(木) 16:21:37|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県方針分からず戸惑い・JR貨物社長

 県方針分からず戸惑い、
 沼津駅高架でJR貨物社長
 JR貨物の田村修二社長は12日の記者会見で、JR沼津駅付近鉄道高架事業をめぐり、貨物駅移転の反対派住民が列車の待避線に限って設置を容認していることに関し、「待避の機能が担保されても、本質的な貨物の取り扱い部分がどうなるか分からない」と述べ、貨物駅の移転について事業主体の県の方針が判然としないことに戸惑いをのぞかせた。
 田村社長は、県からまだ正式な話がないとし、「県の意見を聞かないとコメントしようがない」と繰り返した。現段階で説明を受ける予定はないとした。
 その上で「基本スタンスは変わっていない」と語り、貨物駅の機能が保持される限り、移転に協刀するとの考えをあらためて示した。
(静新平成26年6月13日朝刊)

  1. 2014/06/13(金) 10:31:07|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第67回沼津夏まつり・狩野川花火大会:交通規制のお知らせ

第67回「夏まつり・狩野川花火大会」の開催に伴う交通規制
夏祭り交通規制
  1. 2014/06/06(金) 11:41:35|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0