あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「明日の沼津」迫る市長選 下

「明日の沼津」迫る市長選 下
津波対策 避難施設確保が鍵
tunami


 駿河湾を抱き込むように、60㌔に及ぶ海岸線を持つ沼津市。東日本大震災以降、津波への市民の警戒心は日に日に高まっている。
 内閣府が公表した南海トラフ巨大地震の被害想定で、沼津市内の最大津波高は10㍍と推計された。沼津港周辺や戸田地区中心部が浸水すると見込まれる。
 「逃げると言ってもどこに逃げたらいいのやら」。沼津港に近い同市我入道の自営業男性(66)は苦笑いを浮かべながら、そうつぶやいた。
 我入道地区の海抜は1~4㍍台。県の第3次地震被害想定で津波浸水域になっている。近くに海抜61・5㍍の牛臥山があるものの、自然景観を保護する風致地区も広がっているため津波避難ビルとなり得る高層建物が少ない。
 市によると、同地区では人口約3400人に対し、津波避難ビルの収容可能人数が約2800人分不足している。隣接する第三下香貫地区も人口約8千人に対し、約1160人分が足りないという。
 市は昨年から2年計画で、津波避難訓練対象区域内に約200カ所の津波避難ビルを指定する▽自治会の要望などを踏まえ、177カ所の津波避難路を指定する▽海抜表示板を1200カ所に設置するーなどを盛り込んだ「緊急地震・津波対策アクションプラン」に取り組んでいる。
 現時点で計画はほぼ完了しているが、「津波避難ビルの指定数は地域に偏りがある」(市危機管理課)のが実情だ。市は地域の実態に応じた対策を講じるために、人工高台の設置も検討し、国に対しては建築に関する規制の緩和を求めている。
 その一方で、同報無線を自動受信する防災ラジオの有償配布や、ブロック塀の撤去・改善に対する公費補助の増額など、市民の避難行動を支える施策を強化した。
 防潮堤や津波避難タワーといったハード面の強化を求める市民の声は根強い。だが、西浦地区の団体職員の男性(44)は「市の財政が厳しいのは誰もが分かっていること。細かな対策でもいいので市民の自助努力を応援する施策をもっと増やしてほしい」と訴える。(東部総局・田辺貴一、豊竹
喬が担当しました)
《静新平成24年10月13日(土)朝刊》
スポンサーサイト
  1. 2012/10/13(土) 11:24:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「明日の沼津」迫る市長選 中

「明日の沼津」迫る市長選 中
 SA効果起爆剤に
観光交流人口
asu

 社会問題になっている地方都市の人口減少。沼津市はピークの21万3360人(1994年)から、18年間で約5800人減少した。市の第4次総合計画では、3年後の2015年に20万人を割り込むとの推計値が出ている。
 少子高齢化が進み、人口の自然増が見込みにくい時代。企業経営研究所(三島市)の中山勝常務理事は「観光の交流人口が地域経済の鍵を握っている。雇用の創出をはじめ、建設、物流など幅広い業種への波及効果が期待できる」と訴える。
 10年度の市の観光客数は345万535人。市観光交流課によると、06年以降、その数は徐々に減少しているという。
 そんな現状を打開しようと、市が注目しているのが新東名高速道駿河湾沼津サービスエリア(SA)だ。開業からわずか1カ月で215万人が利用し、これまで市内で最も集客力があった沼津港の年間観光客数130万人を軽く上回った。
 だが、SA効果が市全域に及んでいるとは言えない。東名沼津インターチェンジ(1C)付近の沼津ぐるめ街道の飲食店店員(38)は「沼津が目的地から"通り道"に変わってしまった」とこぼす。別の飲食店店長(45)は「東駿河湾環状道が伊豆中央道につながったら、ぐるめ街道全体の店舗経営が厳しくなる」と危惧する。
 新東名や東駿河湾環状道などの新ルートは、市内の慢性的な渋滞を緩和させる効果があるのも事実だ。内浦、西浦、戸田など市南部の海水浴場やミカン園などへのアクセスが向上するメリットも予測される。「沼津が『スムーズに観光できるまち』と広く認識されるようになれば、リピーターが増えるかもしれない」と期待する観光関係者もいる。
 市は駿河湾沼津SAへのスマートインターチェンジ設置や、東駿河湾環状道の西側区間(原ー沼津IC)の早期着工を国に要望し、新ルート利用者を何とか市内に呼び込もうとしている。道路インフラの整備が交流人口増加の起爆剤にできるか、市民が注目している。
《静新平成24年10月12日(金)朝刊》
  1. 2012/10/12(金) 04:02:43|
  2. まちづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明日の沼津 上

「明日の沼津」迫る市長選 上
 停滞感打破が急務
 県東部の拠点都市・沼津市。かつて商都と呼ばれたまちは、時代の波に翻弄(ほんろう)されている。21日告示の沼津市長選を前に、市の現状と課題を「中心市街地」「交流人口」「防災」のテーマに絞って探る。
201210110001.jpg

 ◇
中心市街地
 2013年1月で閉店する西武沼津店の対策について、意見を交わした9月26日の沼津市中心市街地活性化協議会。「お尋ねしたい。JR沼津駅に南口と北口を結ぶ自由通路が必要だと思う方は」。協議終了後、議長の市川厚沼津商工会議所会頭が、出席した10人の委員に問うと全員が手を挙げた。市川会頭は「鉄道高架推進の方針に変わりはないが、自由通路への思いも市に伝える」と述べて閉会を告げた。
 沼津駅周辺の高架化が懸案の沼津市では従来、自由通路に関する発言は主に高架反対の側から出ていた。高架化の代わりに、橋上駅と自由通路を組み合わせる考えだ。十数億円ともいわれる投資で自由通路を渡しても、高架事業が進めば撤去されるため、高架化支持の市民や経済界は、自由通路の必要性を認めながらも、言葉の扱いは常に慎重だった。
 ところが、駅南口の西武が閉店すると判明した6月27日を境に潮目は変わった。高架化事業が実質的に停止している中での核店舗の撤退。危機感を募らせた周辺商業者らから「仮設でもいいから、早く自由通路を」との声が目立ち始めた。
 背景には、14年夏に駅北口に全面開業する総合コンベンション施設「プラサ・ヴェルデ」がある。国際会議に対応した新施設を活性化の起爆剤と期待するが「南北の往来が不便な現状では、施設のインパクトが街全体に広がらない」(40代自営業者)。
 鉄道高架化は、事業主体の県と、暫定で自由通路を開く場合はさらにJR東海との連携が欠かせない。西武閉店後の対策も合わせ、次の4年を預かる市長の重要な責務といえる。
 西武については「あそこを空き店舗のままにしたら、街は死ぬ」と厳しくみる観光関係者もいる。一義的には地権者ら民間事業者の問題だが、街の玄関でもあり、市の前向きな関与が期待される。
 停滞感を破るカンフル剤はハード面だけではない。中心街では近年、若手有志が夜店市などの催事を開き始めた。広域から集客するためには、継続して認知度を高める必要がある。市民の力を増幅し、にぎわいを築く手腕も、市のリーダーに求められている。
《静新平成24年10月11日(木)朝刊》
  1. 2012/10/11(木) 10:51:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小型EVでカーシェア

小型EVでカーシェア
 トヨタが試験運用
carshea

 トヨタ自動車は1日、小型電気自動車を利用したカーシェアリングの試験運用を愛知県豊田市で始めた。中京大豊田キャンパスと名古屋鉄道浄水駅などとの移動に活用し、課題を検証する。
 車両はグループのトヨタ車体の「コムス」10台で、充電設備を備えた専用駐車場を大学構内と駅の計4カ所に設置。学生や教職員約100人が参加し、スマートフォン(多機能携帯電話)などで利用予約する。出発地と異なる専用駐車場でも返却できる。
 1年後をめどに、車両や専用駐車場を増やし、利用者を中京大関係者以外にも広げ、有料サービスを始める計画。ヤマハ発動機の電動バイクや電動アシスト自転車の導入も検討している。
 トヨタの都市交通システムの担当者は「日常の足として十分使えるか、使い勝手を検証し、課題を洗い出したい」と話している。
 トヨタは1日、名鉄などと連携し、車や電車といった複数の交通手段を組み合わせた移動ルートをスマートフォンで案内するシステムの試験運用も始めた。道路の混雑状況を考慮し、二酸化炭素の排出量と利便性に配慮したルートを示す。カーシェアの小型電気自動車の予約機能も追加する予定。
《静新平成24年10月2日(火)朝刊》
  1. 2012/10/02(火) 09:13:17|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。