あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

沼津市一般会計715億3000万円

沼津市一般会計715億3000万円
 新年度予算案 起債などで積極型へ

nipankaikei

 沼津市は1日、2010年度の当初予算案を発表した。一般会計は09年度比2・7%増の715億3千万円と過去最高で、初めて700億円を超えた。不況の影響で市税は大幅に減少したが、基金からの繰り入れや起債で補い、環境政策や子育て支援、雇用創出などの経済対策を充実させる積極型の予算となった。8特別会計、4企業会計を合計した当初予算案の総額は1329億6120万円(前年度比0・04%増)で前年並み。
 一般会計の歳入のうち、自主財源の根幹を担う市税は09年度比25億5千万円(6・7%)減の354億円。このうち法人市民税は企業の業績悪化により20億500万円(47・5%)減り、過去30年間で最少の22億1300万円に落ち込んだ。財政調整基金からの7億円を含め、各種基金からほぼ前年並みの36億4700万円を繰り入れる。当初予算ベースで24・9%増の市債87億円には、臨時財政対策債37億円が含まれる。
 歳出は民生費216億円(前年度比17・7%増)、土木費138億6700万円(0・9%増)、公債費82億4700万円(1%増)の順。生活保護世帯の拡大を見込んだ民生費は生活保護扶助費の増加に加え、子ども手当支給事業23億6700万円などが含まれたため、歳出全体の構成比は30・2%と09年度当初比で3・8ポイント拡大した。
 主な新規事業はふれあいプラザ千本整備事業、小口資金の貸付実行利率を実質ゼロにする中小企業支援のための利子補給事業など。
(静新平成22年2月1日夕刊)
スポンサーサイト
  1. 2010/02/01(月) 18:32:52|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。