あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

住民税徴収ガタ落ち


住民税徴収ガタ落ち 増額影響?対策に苦慮 3市
2007/08/29 (静新itnews)
gata


街頭で納税を呼び掛ける沼津市職員ら=沼津市の仲見世商店街
gata2


 静岡県内で本年度に入り、住民税の未納額が急増している。定率減税の廃止や、国から地方への税源移譲によって、住民税の額が大幅に増えたことが背景にあるとみられる。未納は各市町の窓口に直接納める「普通徴収」がほとんど。各市の担当課は「住民税の増え幅が予想以上に大きいのか、期限内に工面できない人が多い」と対応に苦慮している。
 本年度第1期(6月末まで)の静岡、浜松、沼津各市の徴税実績によると、給与天引きの「特別徴収」では徴収率に大きな変化はないものの、普通徴収では徴収率が各市とも落ち、3市の普通徴収の合計未納額は前年同期比約10億円増の25億4000万円に上った。
 静岡市では、本年度第1期普通徴収分の調停額(課税総額)は、約63億600万円で、前年度より35%増えた。一方、住民税を納めた人の割合は84%で前年度より約2ポイント下がった。
 同市収納対策課の担当者は「住民税の増え幅に驚く人が多い」と打ち明ける。住民税が増えた分、国に納める所得税は引き下げられていて、定率減税廃止の影響を除けば、1人1人が納める税金の額は基本的に従来と同じ。それでも「納税の仕組みが変更された初年度で対応できない人が多かったのでは」とみる。
 沼津市納税管理課は、市民への周知が足りなかったのが徴収率低下の一因とみて、職員が街頭でパンフレットを配るなど、第2期納期限(8月末)に向けPR活動を行っている。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/29(水) 10:54:13|
  2. 資料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商店街やまちなみのあるべき姿は?

「商店街やまちなみのあるべき姿は?」ぬまづまちづくり講演会で考える
(沼朝8月5日・7日新聞記事)
高松市丸亀の事例・100年先を考え低層、定期借地など工夫
市商店街連盟とまちの情報館は、「ぬまづまちづくり講演会」を大手町の沼津信用金庫本店四階ぬましんホールで開いた。再開発で成功中の香川県高松市の事例などについて日本政策投資銀行地域企画部の藻谷浩介参事役と、千葉大工学部の福川裕一教授の話を聞いた。福川教授は都市計画、建築デザインなどを行っており、大手町地区市街地再開発ビルなどにも関連する高層ビルによる開発が望ましくないことを語りながら、商店街やまち並みのあるべき姿について触れた。
はじめに藻谷参事役が先駆的な取り組みとして注目される高松市丸亀町商店街の再開発を説明。
「沼津では今度、(沼津)駅前にでかいのが出来る。世間の常識では再開発はでかい方がいいとお考えの人が非常に多いが、実は全然そうではない。どうやったら本当にもうかるのか。本当の意味で地元に落ちるお金を増やすにはどうしたらいいか。それをやったのが、高松市丸亀町だ」と語り始めた。
丸亀町商店街は過去十年間で歩く人が、十年前の四割に落ち込んだ、全国的に見ても商店街が急速に衰えたケース。
衰えた理由は「郊外に大型店舗が多数出店し、日本最大の店舗過剰地域だから。これは冗談で言っているのではなく、数字で見ると香川県が日本で一番、人口の割に店の面積が多い県だ」という。
続けて「ここに店を造った人は次々と不幸に見舞われる。最初に同市で全面戦争をやったダイエーとマイカルは共に会社の資本が変わった。両社は経営が悪化しつつある中で最後の大投資をして、それぞれ自分の首を絞めた」と指摘。
また、「その後を継いだ広島のイズミというスーパーとイオンが戦争し、イオンが一回負けて郊外から撤退するというすごい事態になった。そして、イオンが『復讐だ』と、もう一回、八万平方㍍か七万平方㍍の巨大な店を造った。七万平方㍍というのは(沼津)駅前の西武の三倍。これを郊外に造った訳だ。このような血で血を洗う郊外型大型店の戦いが繰り広げられている、とんでもない町」と解説。
「まちの真中から、どんどん人がいなくなっていった。そこで、起死回生策として作られたのが再開発計画であり、一ブロックずつ開発し、それをつなげていこうとしている。その第一号(のブロック)が(七カ月前に)実現した。これが成功して採算的にも成り立ったので、一ブロックおいて、もう一つ隣のブロックがあるが、そこの地権者のほぼ全員の合意が取れるというように事態がその後、発展してデザインが統一された再開発を七ブロックつなげていこうと進みつつある」という。七ブロック全体をつなげると延長四七〇㍍で、沼津では沼津駅南口前からアーケード名店街の端ぐらいまでの距離。商店街全体を造り替える際には二階部分には人が住むようにするなど工夫がされている。
これらの建築は「採算が取れるように行った。採算が取れるというのはデザインがしっかりしているということで、これからの来街者はデザイン的にも優れていないと、なかなかお金を落としていかない」という。
一方、「まだ建て替えられていない商店街は新られていない商店街は新耐震基準以前の建物で、地震に見舞われたら大変なことになる。今はなんとか使っているが十年後、二十年後には壊してないと無理だ。表が看板建築で立派でも奥が木造密集地域になっている。戦争で一回完全に丸焼けになったまちは、沼津も同じだが、四十年前、五十年前の建物が現代に合わなくなっている。これをなんとか建て替えなきゃならない」と指摘した。
再開発を進めるにあたって課題となったのは資金の工面。「地権者には、お金がないどころか、借金証書が死ぬほどある人がいる」のが実情。「そのような人も含めて再開発を現実に出来たのが、どんな立場の人も損をしないで建て替えることができないだろうか、という発想だった」。
そして実現した一ブロックについて、「地権者だけで二十八人だが、土地持ちだけではすまないのが古いまちの特徴で、借地権者、借家権者、抵当権者まで入れると全部で七十九人いた。この七十九人の関係者全員の判を付くのに十年ぐらいかかった」という。
次なる課題は「『俺はここを建て替える時にショッキングピンクにするんだ』『俺はここをアイスグリーンにするんだ』『(全体で西洋風に統一されたデザインであるにもかかわらず)突然ここは木造民家風にする』という人もいるかも知れない。日本は個人の自由と土地絶対だから」という点。
これについては、「地権者が自分で建て替えるにしても、造られたデザインは結果的に統一される仕組みが作られている」と、福川教授のような専門家が集まり今回の再開発が実現したことを説明。
しかし、「それなりにお金がかかった。簡単に計算して坪単価は六十五万円から七十万円程度。この価格は、実はものすごく立派な建物で、丸ビルは坪単価八十万円ぐらいだが、超高層であるのに対し、こちらは四階建てだから、普通なら二十万円ぐらいだが、六、七十万円も使った理由は何かというと、耐用年数が九十年だから。六十年定期借地に三十年の延長を考慮している」と説明。
丸亀は商店街が出来る以前、戦国時代末期からの歴史あるまち並みで、一九八六年には、まちが出来て四百周年を祝う祭典が行われたが、その時に集まった商店街の人達が「なんとか子孫にまちを残したい」と五百周年をめどに商店街を残す方法を模索したのだという。その時に挙がった意見が「どうせなら建物を直すより五百周年の時にまだ建っている建物を建てる」と「いたずらに大きな建物を造ると巨大な廃墟になりかねず取り壊されるかも知れないので、四階建てぐらいにしよう」だった。
そのため四階建ての九十年もつ建物が造られたが、「このまちのど真ん中に百年もつ建物を、たったの四階建てで建てるというのは普通ではできないことだ」と藻谷参事役。
「普通だと、なぜできないか。四階建てでは人に貸すことのできる部分も限られ、普通に考えると土地代が出ない。例えば、沼津の駅前という、やたらめったら土地の高いところで建物を造るには、でっかい建物にして、その全体を売ったり貸したりして、たくさんのお金を稼がないことには、とても駅前の土地代は払えないというのが従来の考え方だ」と説明。
ところが、「これが実は嘘だ。その驚くべきショッキングで冷静な分析を後で福川教授が話す。沼津の駅前も高層にしない方が良かったんだが、それはともかく、四階建てで強固に造ろう、という考え方をきちんとできた理由は何か。実は、この再開発では土地を一円も買っていない」。
「どうやって土地を買わずにできたのか。借りたんだ。二十八人の地権者から借りた。六十年後に返すという定期借地という法律を使った。従来の借地借家法と違い、借りた方が弱く、期限が来たら泣こうがわめこうが返さなければいけない制度。今までは、貸すとヤクザが住んで家賃を払っていないのにもかかわらず借地法で保護され追い出せないという間抜けなことがあった。定期借地法は相手がヤクザだろうが神様だろうか期限が来たら出て行くという法律だ」と説明。
「郊外のショッピングセンターは必ずこれを便っている。郊外ではごく当たり前だが、都心では地権者の考え方が古いので、やろうとする人がいない」。
結果的に、この再開発は全部で六十六億円でできたが、通常、駅前の再開発では百数十億円が相場だという。今回は先駆的取り組みで行政からの補助が下りたのと、商店街の人達が積極的に協力したため、だとした。
また、「銀行から受けた融資は、たったの二億六千万円。この規模の再開発では普通三、四十億円程度の借り入れが出てもおかしくない。二億六千万円だったら、お金に余裕のある人が十人も集まれば一度に返そうとして返せない金額ではない。三十億円だったら、金利が少し上がったら大変なことになる」と話した。
地権者から土地を借りるのに十年もかかったのは、「土地を売るより貸した方が得だということを全員に理解してもらうのに時間が掛かったから」で、その点については、「貸していれば、がさっとキャッシュが入るわけではないが、売って国債を買うより何倍も高い地代が入る。売った金を預金するより高い収入があり、六十年後に土地は無傷で戻って来る。先祖代々の土地を売る必要がない。誰が考えても得なことだが、その得なことを全ての地権者が理解するというのは難しい」とした。
「蓋を開けてみると、この再開発は予想以上の集客だった。大事なことは商店街の雰囲気がゆとりや余裕のある空間に仕上がっていることだ」
「今までの窮屈なまちの雰囲気ではなく、いるだけで楽しくなる雰囲気。一番分かり易い例えは、ショッピングセンターを初めて見た時のことを覚えているだろうか。初めてデパートを見た時や初めて駐車場付きの大きなショッピングセンターを見た時の興奮だ。今となっては興奮しないが、当時のそれと同じものを感じた。そういう興奮は今、残念ながらショッピングセンターでは得られなくなった」とした。
再開発に高層化は間違い・低層で人間的デザインを
「この(再開発された区画の)横に三越がある。『三越が横にあるからこの再開発は成り立ったんだ』という専門家が非常に多い。半分は当たっているが、横に三越があればまちは自動的に良くなるのか」と疑問も。
藻谷参事役は、三越の反対側の商店街には人通りがほとんどないということを写真で示しながら、「なぜ、こうなっているのか。今までの商業のあり方からすると、横に三越があれば商業が成り立った。しかし、今は全然駄目。そういうシャワー効果なんてない。(むしろ)逆効果だ」と話した。
なぜ逆効果かと言うと、有名デパートがあるだけで周辺の地価が上がり、必然的に賃料が高くなって借り手がなくなり、いわゆる"シャッター街”に変化するのだという。そして、「誰もこの(シャッター通りの)空間を歩きたくない。三越の向こう側に五十㍍の空き店舗地帯がある。人は必ずそこを避けていく。つまり立地が良くて一等地なら自動的に店が儲かるという、ある程度以上の人が当たり前と思っていたことは全く通用しなくなった」と指摘。
ではどうするか。「お客さんが歩きたくなるような空間づくりは、ゆとりを持った、薄暗くない、歩きたくなるような店舗を入れた商店街にすること」で、「人が歩いて財布に手がいくまちづくりには高度な技術が要求される。よく見ると再開発されておしゃれになったところまで人は来るが、そこから先は歩いていない」。
藻谷参事役は最後に、「今まで高松のまちは、『こんなの一つ造ったぐらいで人が戻って来ることがあるか』と思っていた人はものすごく多かった。かく言う私も、あまりセンスがないこともあって、『建物造ったぐらいで人が戻ってきたら苦労せんわ』と言い、『デザインがいいぐらいで人が来るか』と思っていた。しかし実際、日曜日に歩いている人の雰囲気を見ると、(昭和)四十年代、まちに(出掛けて)行った頃の興奮を覚えた。今、皆さん方が、たまに銀座や渋谷に行って感じるような興奮と似たようなものが、この(再開発されたまちの)空間のほんの一角だけにあった。『こういうことが可能なのか。お客さんもこっちの方を求めてるんだ』とひしひしと感じた」と感動を新たにして話を終えた。


まちづくり講演会{重厚長大主義を戒める}福川裕一・千葉大教授
fukukawa



この後、千葉大工学部の福川裕一教授の講演に移り、福川教授は建築の専門家らしい視点から、丸亀町商店街と、世界の潮流になりつつあるという建築形態などについて語った。
まず丸亀町の再開発計画に関し、「今やろうとしているのは、中心市街地をどんなまちにするかだけを考えていてもしょうがないので、どんな方法で実現するかということ」とだして、一九九九年から提唱しているという「都市再生の五力条」を挙げた。
その第一条にあるのが「高密度イコール高層ではない」。「日本は土地が狭く、地価が高いから効率的な開発をしなければならない。そうすると必然的に超高層になるが、それは違うんじゃないか。個別には、いろいろな再開発が、東京などでは進行しているが、美しいまち並みの建物こそ、本当にいいまちではないか」と指摘。
そして自分が文を書き、早大の教授が絵を描いたという絵本『楽しいまちなみをつくる』の中身を紹介しながら、高層から低層の住宅への考え方を解説した。
絵本の内容はー。放課後の教室で子ども達が浮かない顔をしていると、先生が訳を尋ねる。今まで野球をしていた空き地に急に囲いが設けられ、マンションが建設されるのだという。
先生が一緒に現場に行くと、既に周辺にはデイベロッパーから説明があり、関係者の家の子どもの一人に家に上げてもらい、家の人に図面を見せてもらう。「これはでかい」ということになり、なぜこんなものが建てられるのか学級新聞で取り上げることに。
豆記者達が市役所や地域住民などに取材。市の建築指導課では「建築基準法に合致していれば三週間で建築許可が下りる」とし、住民は「日照障害はお互いさまで、まちに人口が増えるからいいのではないか」などという意見。
そうこうするうちに建設会社が倒産し、市がこの土地を買うことになった。市は、まちにふさわしい公営住宅を造ろうとアイデアを募集する。そこで、この小学生達がアイデアを練ることになった。
福川教授は、「たいていの大人は、『別に自分が住むんじゃないから、こんなものでいいだろう』と思う。特に公営住宅なんかはその嫌いがあるが、そういうものではなくて、自分がどんなまちに住みたいか、どういう家に住みたいか、から始まるものだ」と、考えるきっかけを示した。
絵本の小学生達も先生からそう指導され、「庭のある家がいい」「玄関から下駄で外に飛び出せる家がいい」などと、それぞれの希望を出し合い七つの原則をまとめる。
建設会社の計画に対して市長は、「戸数が多すぎるので半分ぐらいがいいだろう」と発表するが、子ども達は積み木を使って必要な戸数が入る建物を検討。最初に建設会社の図面通り積み上げ、その高さに驚いた後、崩して平たく敷き詰める。しかし、敷き詰めると窓もできないし、アクセス口もない。そこで互いの間を少し空けるが、それでも窮屈なので、もう少し間を空けるというようにいという人が増えている。
重要なことは低い世界にいる時、人は自分もその一部で、そこにいることや生きていることを実感する。しかし、マンションの三十階に住んで蟻のように見える人を上から見下ろしていると、自分は、その社会の一部ではなくなってしまう。上から社会を見下ろしていると自分が何らかの形で優位に立っていると思えてしまう。問題なのは、その人が社会の外にいること。大切なのは自分が生きている社会と深くつながっていることだ」と語ったという。
福川教授は、人間と社会の関係、人間とコミュニティとの関係が、マンションと下町の住宅地との対照的なデザインに表れていると指摘。
福川教授の話の途中、藻谷参事役は、絵本の話の中の積み木のスライドをもう一度映してもらいたい、と求め「戸数は全く同じか、一戸ずつの面積も同じか」と尋ね、これに答えた福川教授は、全く同じであり一戸一戸が同じ大きさで同じ数でありながら全然違うデザインが出来ることを話した。
出来上がったものは人間的な空間で、自分の庭を実現でき、これが近代建築の一つの大きなポリシーになっているという。その上で、「イギリスの建築家は、『建築によって一番"ありがたい""美しい"と人が感じるのは、実は建築が上手に囲みを作っている時だ』と見事に言い当てている。コミュニティの精神というのは、このように上手に囲みが作られている空間で、その中で人間のつながりが生まれ出来るということだ」と説明。
子ども達による積み木の例では、「住宅列の片方を直交する住宅列で塞ぎ囲みを造っているが、高層マンションにはそれがない」とし、「古いまち並みは城下町のように通路が行き止まりになる囲みがある」とした。また、「こういう適切な囲みを造ることが建築にとっては重要で、これが二、三十年前からの世界の都市計画の潮流になっている。パリでは、日本と同じように(建物を)セットバックして車線を(住宅側に)下げると高い建物を造ることができ、さらに敷地中央に建てると高層にできるという建築規制をやっていたが、一番新しい建築基準法ではそれを全面的に改め、(道路沿いに現在ある)壁面線を崩してはいけないという基準に変え、(敷地の)真ん中に建てると有利になるのではなくて、真ん中を空けると有利になるように変えた」と説明。
これは中庭を造ることを奨励するもので、「まち並みの中で囲まれた空間をつくることが重要だというように変わりつつある。まちを造るためには建ぺい率は高くなくても低い建物にして道を囲んで造るべきだと変わりつつある。大規模でドーンと造るよりは、小さなものをまとめて美しいまち並みを造るほうがいいじゃないか、ということだ」と話し、重厚長大主義を戒めた。
(おわり)
  1. 2007/08/07(火) 13:19:02|
  2. まちづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郊外の新市街地区画整理認めず

郊外の新市街地区画整理認めず・国交省(静新平成19年8月6日(月)朝刊)
国土交通省は五日、郊外で計画される新市街地の区画整理を二〇〇八年度から原則として認めない方針を固めた。都市機能を中心部に集約するコンパクトなまちづくりを進める狙いで、「都市再生区画整理事業」を見直し、同事業予算を既存市街地の再生に重点化する。
都市再生区画整理事業は、密集市街地や中心市街地の再生に適用されるのが一般的だが、郊外の新市街地開発にも認められてきた。小規模な開発などにも適用し、街区の再編を支援するのが特徴だ。
来年度からは、市街地が無秩序に広がるのを防ぐ一環として、都市再生区画整理事業を原則として郊外では行わないようにする。
  1. 2007/08/06(月) 12:49:33|
  2. 行政
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沼津駅北拠点整備構想

「交流機能」を提言 沼津駅北拠点整備構想研 2007/08/02 (静新it news)


 県と沼津市が所有するJR沼津駅北口の土地の施設整備について、地元経済人と有識者でつくる「沼津駅北拠点施設整備構想研究会」(会長・千谷基雄日本大短期大学部教授)がコンベンション施設などの整備の方向性を盛り込んだ構想案をまとめ、1日、石川嘉延知事と斎藤衛市長に提出した。
 構想案では、県東部の広域的な交流機能を高めるため、中核的施設とし大型のコンベンション施設と、仮設の「キラメッセぬまづ」の後継施設として展示イベント施設を導入すべきとした。補完施設として、市民交流施設や行政サービス施設、駐車場などを整備し、民間活力を導入したホテルやマンションやオフィスなどの誘致、整備も必要―などとした。
 駅北地区は、県が約8000平方メートル、沼津市が約1万4000平方メートルの土地を所有している。昨年4月には隣接する都市再生機構の所有地に都市型商業施設「BiVi沼津」が開業し、同11月には鉄道高架事業が事業認可されたことなどを追い風に、同研究会が拠点施設整備の早期実現に向けた具体的構想の検討を進めていた。
 県庁に石川知事を訪ねた千谷会長は「県東部のシンボルとなる施設として、コンベンション機能が必要との意見で一致した。構想を打ち出すことで、民間投資の高まりも期待したい」と述べた。石川知事は「事業化に向けて実務的な詰めを進め、できるだけ早く手掛けたい」と意欲を見せ、同席した斎藤市長は「構想ができた以上、1日も早く実現するよう努力したい」と述べた。

nk

  1. 2007/08/02(木) 10:30:44|
  2. まちづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡まちづくり研・助成団体に選定される




静岡両替町・本通まちづくり研・国交省助成団体に選定(静新平成19年8月1日(水)朝刊)
静岡市葵区の中心市街地で建物の共同化を検討してきた「静岡市両替町・本通地区まちづくり研究会」(会長・渡辺朗伊豆屋社長)がこのほど、国土交通省の「まちづくり計画策定担い手支援事業」の助成団体に県内で唯一選ばれた。同研究会は本通りと両替町通りに面する五千平方㍍区画を対象に、共同ビルの建築を視野に手法などを検討してきた。今後、空間デザインなども研究し、土地や建物の所有者である会員の意向を反映させた素案に仕上げる。
同研究会は平成十八年四月の発足以来、建物の老朽化による防災面の不安、駐車場整備などについて検討してきた。中心にある国の登録有形文化財「不去来庵」を軸にしたにぎわいの創出、居住者の高齢化に合わせた環境改善なども大きな課題。最近は下層階を店舗事務所、上層階をマンションにしたビル建築の構想が浮上している。
今後、コンサルタント業者に委託し、区域内の建物の築年数や権利確認などの現況調査、都市計画制度を用いた建築規制緩和や建て替えシミュレーションなどを実施し、年末までにまちづくりの素案を作成する。二百五十万円の業務委託費のうち半分が助成される。渡辺会長は「さまざまな視点から検討し、安心安全で文化の薫り高いまちづくりをする手法を模索したい」と話した。支援事業は国交省が本年度から創設した。
hon

  1. 2007/08/01(水) 10:50:46|
  2. まちづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。