FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和モダン(朝日新聞記事)

JR沼津駅南口8商店街「昭和のにぎわい・秘蔵品展示で再現」来月3日から
JR沼津駅南口に広がる8商店街が2月3日から10日間、「昭和」にタイムスリップする。街が輝いていた時代を振り返り、活気を取り戻す催しで、題して「昭和モダンギャラリー」。昭和の郷愁をかきたてられるイベントになりそうだ。「沼津駅南商店街再生協議会」「が昨年、内閣府都市再生本部の全国都市再生モデル調査に応募、採択されたのがきっかけ。昭和のレトロブームが続く中で、「昭和モダン」をテーマに、各商店街の秘蔵品を展示してストリートギャラリーを演出する。
あげつち商店街は「昔を懐かしむ貴重な逸品コーナー」として、昭和初めのミシンや印半纏(ばんてん)などを、「昭和の道具」がテーマのアーケード名店街は、二眼レフカメラなどを飾る。伸見世商店街は「チャンバラ通り」。東映のチャンバラ映画ボスターを30点近く並べて、マルサン書店前でチャンバラビデオを日替わりで放映する予定だ。
特に注目される企画は大手町商店街の駄菓子屋の再現と、上本通り商店街の映画ポスター展だ。
駄菓子屋は、三島市内で駄菓子の卸・小売店を営む多田清吾さん(52)の協力で、さんさんホールに「出店」。昔ながらのガラスケースに駄菓子を入れて陳列・販売するほか、「昭和の活気」が伝わる軽三輪の「ミゼット」も展示する。
一方、映画街として親しまれた上本通りは、沼津信用金庫本店のギャラリーに封切り当時のボスターを飾る。愛知県安城市の歴史博物館と静岡市の映画興行会社「静活」、から借りた計75点。
洋画は「理由なき反抗」「慕情」「大いなる西部」などで、邦画は東宝の「駅前シリーズ」や松竹の「寅さんシリーズ」もある。27日まで週替わりで展示するほか、黄金期の松竹を代表する名画「君の名は」と「麦秋」の撮影に使われたカメラや集音マイクも陳列する。
上本通り商店街振興組合理事長の長谷川徹さん(59)は「昭和30年代は街が一番にぎやかで、映画館も活気があった。各商店街の『昭和ギャラリー』を懐かしんでもらい、『再生』の糸口にしたい」と話している。(朝日新聞1月31日)
s-060131asahi.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 18:33:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。