FC2ブログ

あきんどブログ記

街の色々な出来事を日記風にしたものです。動画が開かない方は、フラシュプレーヤー(無料)をインソール、http://get.adobe.com/jp/flashplayer/

沼津大型商業施設

沼津大型商業施設
開業まちづくり転機に沼津市郊外に大型商業施設「ららぽーと沼津」が開業した。店舗面積は約6万4千平方㍍と県東部最大級となる。かつて「商都」と呼ばれた沼津だが、その面影が薄くなって久しい。年間165万人を超える人でにぎわう沼津港に加え、市西部にも集客拠点が誕生した。中心部のJR沼津駅周辺の高架化事業も動き出し、地域全体が変わろうとしている。開業をまちづくりの転換点にするべきだ。
ららぽーと沼津は半径30キロ圏内を商圏に見据える。運営する三井不動産は沼津を「魅力的なマーケット」と指摘する。その背景として商圏域には約120万人が居住し、うち約4割が世帯人数が3人以上のファミリー層であることや、平均年収が比較的に高いことなどを挙げた。東名高速道や新東名高速道へのアクセスの良さも利点だ。伊豆半島の入り口として、日常的な利用だけでなく観光客の利用も見込み、年間の売り上げ日標は320億円を掲げている。
これまでの沼津は、2002年に長崎屋沼津店、04年に丸井沼津店と次々と全国プランドが消えていった。中でも13年に閉店した西武沼津店は商都のシンボルだっただけに、中心市街地の衰退を浮き彫りにする出来事で、地域に与えた衝撃は大きかった。
沼津市の17年版産業データ集によると、市内の小売業商店数は減少傾向が続いている。04年の2316店に対し、14年には1494店に減った。これに伴い小売業従業者数も約3500人減少。さらに、小売業商品販売額も04年の2517億円から14年には2250億円に下降するなど、全国の地方都市と同様に商業の衰退は著しい。
新たなまちづくりに向け、中心市街地のにぎわいも欠かせない。沼津市は中心市街地まちづくり戦略会議で、駅周辺の公共空間を自動車からヒト中心の空間への転換を図る方針を示す。定住人口増を見据え、暮らしやすい空間をつくり「まちなか居住」を促進する。
日常生活空間としての中心街と、目的地として訪れる滞留型の大型商業施設とはもともと機能が異なる。現在は中心市街地の空洞化が進み、影響力や求心力が低下している。共存することで地域力を高めることになる。ららぽーと開業を「沼津発展の転機」と捉え、市内消費の拡大や情報発信機能の強化などを期待したい。
全国ブランドの大型商業施設の集客力を、地域活性化や中心市街地再生の起爆剤として生かすべきだ。市は西の商業拠点を念頭に、新たなまちづくり構想を描く必要がある。<2019.10.28>社説
【静新令和1年10月28日(月)朝刊】

スポンサーサイト



  1. 2019/10/28(月) 11:32:44|
  2. 反コンッパクトシテー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チグハグな沼津市政:渡辺利明

2016年10月21日チグハグな沼津市政:渡辺利明 from thorudes
  1. 2016/10/21(金) 11:54:22|
  2. 反コンッパクトシテー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東椎路大型商業施設関連記事

東椎路への大型商業施設
地権者が進出に伴う各種要望
 市立病院東側、東椎路への大型商業施設進出予定地の地権者で組織する街並みを創造する会(深沢臣夫代表)の役員八人は二十五日、市役所に栗原裕康市長を訪ね、大型商業施設の進出に伴う上での要望を行った。
 要望内容は次の通り。
1、都市計画道路金岡浮島線の早期全面開通、2、市立病院より東側の土地利用計画並びにインフラ整備計画の早期確定、3、市街化調整区域編入の早期実現と市によるインフラ整備の早期実現4、本開発にかかる許認可手続き期間の短縮化による早期開業の実現、5、市街化区域編入後の固定資産税・都市計画税の増額等に対する負担の軽減措置ならびに本開発敷地内の土地面積当たり税額の一律化
 創造する会役員の一人は、同地域に大型商業施設誘致を計画してから十七年が経過しているとし、「随分待たされたので、なるべく早く進めてほしい」とするとともに、大型商業施設開設に伴い予想される周辺道路の交通渋滞への緩和策を訴えた。
 栗原市長は、市議会の全員協議会で議員の大方の理解をいただいているとし、計画発表当初、反対していた中心街の商店主も商工会議所の協力を得て、「絶対反対」というものではなくなったとした。
 また、「進出は整いつつある」とし、開発の方向性としては順調に進んでいるとの認識を示し、「要望については、市だけの権限で進めることはできないので、県と相談しながら進めたい」と話した。
 市街化区域編入後の固定資産税と都市計画税の負担軽減については、「私のサジ加減でできないので、ご理解いただきたい」とする一方、東名高速道路に設置される愛鷹スマートインターチェンジも順調に進んでいることを説明した。
 深沢会長が、大型商業施設への伊豆方面からの集客に欠かせないとする東駿河湾環状道路の西への延伸時期を尋ねたのに対して、市長は、建設総延長が七・九㌔で、建設費が約八百億円かかるとするとともに、自民党政権になって国土強靭化政策が言われるが、公共事業費は東北地方の災害復興が優先で、その他には簡単には出ないとし、「西区間はハードルが高い」と早期完成の難しさを示す一方、「あきらめずに頑張っている」と答えた。
 同席した伊藤正彦市議は、大型商業施設北側に建設されている金岡浮島線は予算面から遅々と進まないと県担当者から言われたことを話し、市長が県に早期建設を強く要望するよう求めた。
 大型商業施設は、進出予定地の地権著九十九人全員が誘致に賛成していることから、二〇二〇年三月末までのオープンが見込まれている。
(沼朝根以西26年12月26日号)
  1. 2014/12/27(土) 11:52:53|
  2. 反コンッパクトシテー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0